[gulp]パッケージをアップデートし、gulpfile.jsをgulp-ruby-sass1.0以降に対応させました。

カテゴリー:
Sass

しばらく放置していたgulpのパッケージをアップデートしました。最新版になって気持ちが良いです!

「gulp-ruby-sass」を使っているのですが、アップデート後、バージョンが1.0.5となりました。1.0以降はタスクの書式が変わるらしく、gulpfile.jsの記述変更も実施。

元から抱えていたソースマップとベンダープレフィックスの不具合も修正し、(自分の環境で)うまく動作するようになりました。

以下、実際のコードになります。

gulpfile.js

scssファイルのコンパイル(出力スタイルはexpanded)、ソースマップの出力、ベンダープレフィックスの付与ができます。ライブリロードとか使ってみたいパッケージが他にもありますが、それはおいおいで。

今までソースマップは独立したファイルとして出力されていましたが、今回の修正でdestされたcssの中に記述される方式になったようです。

参考サイト

・パッケージのアップデートは以下のサイトを参考にさせて頂きました。
Node.jsアプリでのパッケージ更新確認

・gulpfile.jsの新しい書式は以下から。
gulp-sass から gulp-ruby-sass へ
gulp-ruby-sass – npm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です