[JavaScript]ES2015のclass構文のお作法まとめ。

カテゴリー:
JavaScript
タグ:

脱初心者、目指せ中級者!
このところJavaScriptのclass構文を集中して学習しています。そこから得た知識のメモです。

言葉の定義を整理する

  • クラス
  • インスタンス
  • コンストラクタ
  • プロパティ(メンバ変数)
  • メソッド(メンバ関数)
  • 継承

まずは簡単なclassの構文サンプルをご紹介。

クラス

まずはclassキーワードを使ってclassを宣言します。(変数に代入して定義する方法もあるようです。)

後述するコンストラクタやメソッドを定義し、newキーワードでインスタンス化して使用します。メソッドを実行するにはインスタンス化した後に呼び出す必要があります。

コンストラクタ

コンストラクタ は、new式でクラスから定義されるオブジェクトの生成時に(クラスをインスタンス化するときに)、自動的に呼び出されるメソッドです。プロパティ(メンバ変数)の初期化を行います。

メソッド

class宣言直下に記述した関数のことをメソッドと呼びます。通常の関数とは振る舞いが異なります。

メソッドでプロパティを使うには、this.をつけて呼び出します。

JavaScriptのclassでは、class宣言の直下ではコンストラクタとメソッドしか定義できません。通常の関数のようなfunction宣言は不要です。(というか、構文エラー)

インスタンス

クラスからインスタンスを生成します。メソッドも呼び出します。

継承

あらかじめ作成した別のクラスを継承して新しいクラスを作ることもできます。構文としてはextendsキーワードを使います。

継承元からプロパティやメソッドを呼び出すにはsuper.キーワードを使います。

継承元にあるメソッドと同じ名前でメソッドを作るとオーバーライドすることができます。

classに関する機能や構文、仕様はまだまだたくさんあるようですが、ひとまず自分が現状で分かった範囲はこのような感じです。

もっともっと学習と実践を重ねてよりよいコードが書けるようがんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です